妊活中の方は薬を飲まない

黒豆茶を妊活中に飲むことはとても合理的なものだと言えます。

その理由としては、黒豆茶はカフェインを含有していないため、妊活中の女性には嬉しい飲み物であることは間違いありません。

また、原材料である黒豆の成分であるイソフラボンが、女性ホルモンの一つに近い働きをしてくれるためです。

よく知られているように、イソフラボンを摂ると体や精神のバランス調整に役立ちますから、欠かさずに温かくした黒豆茶を飲むことをおススメします。

可能であれば、妊活中の方は薬を飲まないようにしてください。

薬局やドラッグストアで買える胃腸薬や痛み止めについては特に問題ないです。

ですが、安易な服用が問題になるのは、元々病院から処方されていた持病の薬を服用することだそうです。

しかし、服用によるリスクを抱える事に変わりはないので、薬の種類に限らず、医師や薬剤師といった専門家に確認をするのが母体のためにも良いでしょう。

葉酸サプリの選び方と葉酸はいつ摂ればいいのかと言えば、まず妊娠初期です。

葉酸サプリの選び方はいつまでか、という疑問が生じると思いますが、推奨されているのは、授乳が終わるまでです。

そんなに長い期間と言われそうですが、妊娠中期まではなんとか多めの葉酸を摂り続けて欲しいと思います。

葉酸サプリの選び方で、葉酸を摂るのは子供のためだけではありません。

母体にも重要な役割を果たす栄養素なので妊娠期間中、また出産後に不足することがないよう絶えず注意を払ってください。

妊活の際に漢方を取り入れる人も多いです。

即効性はありませんが、漢方は体質を改善するような効果がありますので、身体を妊娠しやすくすることが出来るのです。

今日では大手のドラッグストアに置いてあるのも見かけますので、手軽に買うことが出来るようになっています。

「費用が心配」という方には、不妊治療のために漢方を適用している病院にかかるといいでしょう。

診察を受ける必要がありますが、保険適用となります。

栄養素の中でも、特に葉酸は妊娠初期に摂らなくてはならない栄養素だと言えます。

脳をはじめとした神経系が形成されるのは主に妊娠初期ですが、ここで葉酸が盛んに使われるためです。

どんな葉酸サプリの選び方がいいのか教えて欲しい、大体知っているが十分な量を摂れないなどと悩んでいる方は、青汁など、葉酸を効率よく摂れる食品の活用を考えてみましょう。

赤ちゃんとお母さんの健康を考えて、どうかがんばって葉酸を摂っていってください。

胎児の成長に欠かせず、妊活の必須アイテムとも言われるのが葉酸です。

継続して葉酸サプリを飲んだ場合の効き目は、簡単な血液検査を受ける事で確認することができます。

それから、葉酸サプリの選び方以外で気にかけておく栄養素に、ビタミンB12があるのです。

なぜなら、過剰な葉酸の摂取によって、ビタミンB12が欠乏しても判断しにくくなってしまう事があります。

 

 

物を減らせない性格ゆえに・・・

喪服を虫干ししようと風に当てました。

それを眺めながら、「これって今でも着れる?」と疑問に感じました。

どう見積もってもウエスト辺りに余裕が感じられません。

「念のため」と恐る恐る着てみました。

案の定・・・、ウエストがパツパツで息もできないほどです。

大幅に甘く見積もっても、これを着られるとは言わないでしょう。

さて、どうしたものでしょうか。

最近はダイエットモードではないので、喪服のために痩せる生活へスイッチすることは気が進みません。

でも喪服は、いつ何時に必要になるのかは予測不可能です。

もちろん、体型に合わせて大きめサイズを買い足すというのもなんとなく負け感を感じてしまって避けたい気分。

そこで改めて、パツパツの喪服を着た自分を眺めます。

よく見ると、二の腕部分もきついので肩の辺りにもモサッとしたシワが出てしまいます。

太もももスカートの下にうっすらと丸々な存在がうかがえます。

もう、これって大人の女性として許される範疇ではないと判断しました。

買わなきゃ。いや、もしかするとお直しすれば着れるかも。

ダメ元でお直し専門のお店で見立ててもらいました。

すると「直せますよ~」という快い返事。

そして見積もりが3万円越えです。

お直し箇所が片手では足りないことが理由でした。

3万円だったら新しいのが買える?いや、3万円で買えるかは微妙かも。

でもあるものを着ないなんてもったいない。

かれこれと葛藤し、ついに新しいものを買うことにしました。

物が減らせない理由はこの辺りにもありそうです、私。

 

 

小さくて可愛いみかんを食べてみた

昨日は、みかんが安かったので、みかんを買いました。

手のひらどころか、指4本揃えた上に乗るくらいの小ささの、可愛らしいみかんです。

こんなに小さいみかんを買ったのは、生まれて初めてかもしれません。

いわゆる、おつとめ品として買ったし、皮を触った感じも少し硬かったので、甘さのほうはあまり期待できないかな~と思いながら、皮を剥いてみます。

すると案の定、皮がみかんの身にしっかりへばりついていて、なかなか綺麗に剥けませんでした。

今までの経験上、甘いみかんというのは皮が柔らかく、剥いたときに身からするっとはがれるものでした。

なので、これはやはり甘くなさそうだな~と、少しがっかりしました。

外見の小ささ同様、中身ももちろん小さく、いつもならみかんは1房ずつ食べるのです。

でも、1房取ろうとすると小さすぎて、身を指で潰してしまいそうだったので、2房づつ剥いて食べることにしました。

口に入れてみると、これがなんとすっごく甘い!

美味しくて、あっという間に1個食べてしまい、もう1個剥いて食べると、これも甘いんです!

期待していなかっただけに、すごく嬉しいです。

普通の大きさのみかんよりも、甘みが強いように感じました。

思えばトマトも、大きいトマトよりもミニトマトの方が甘みが強いですよね。

にんじんもミニキャロットの方が、甘みがあると言いますし、自然界の食物には、小さいくなればなるほど、甘みが強くなる法則があるのかもしれませんね。

みかんには筋がほとんどなく、種もなかったのでスイスイと食べることができました。

でも、あの筋はけっこう栄養があるらしいので、栄養面では大きいみかんの方に軍配があがるのかもしれません。

とにかく、甘いみかんが食べられて幸せでした。

 

 

違いを実感したこと

先日は何となく思い立って、ヘッドフォンを新調しました。

今までのはイヤホンで、耳の穴に差し込んで使用するタイプだったのです。

でも、ヘッドフォンで音楽を聞きながらパソコン仕事をするって、若者みたいで格好いいかも?と、思い立ったのです。

売り場コーナーでは、カラフルなヘッドフォンがたくさん売られていました。

しかも一部を除けば、何のこだわりのない私でも、気軽に手を伸ばせるお値段のものが多いのです。

さんざん悩んだ挙句、接続するパソコンの色と合わせて、ホワイトにしました。

耳に接する部分は、皮素材だそうです。

これを早速パソコンにつなげて、音楽を聴きました。

音楽で気分がウキウキすると、心なしか手元のタイピングもスピードアップするような気もします。

「これはお値打ち品だわ」と、ご満悦。

まるで若者のようだと、作業を続けました。

ところが、わずか20分ほどで、なんとなく軽い頭痛を感じました。

カチューシャをすると頭が痛くなるので、それと同じかと考えつつも続行しました。

しかし、その後はズンズンと頭痛がひどくなる一方です。

その後、音量を調整して、小さなボリュームで聴くもギブアップ!

使用開始30分で、ついにギブアップせざるを得ませんでした。

形状が私にマッチしないのか、それとも鼓膜の近くで音が鳴り続けるのがダメなのか。

せっかく買ったばかりですが、原因はなんなのか調査する気にもなれません。

あまりにもダメージが大きく、ヘッドフォンが使えない現実に、ここでも若者ではなくなったのだと実感しました。

それに、妻には便秘解消の方法を調べてほしいと言われているので、そっちを先にやりたいと思います。